和エレクトロ We Trust in

主に日本のエレクトロ・ファンク調の曲を紹介するブログです。

PSY・S「From The Planet With Love」

PSY・S「From The Planet With Love」(1985年/CBSソニー) 作詞:安則まみ、作曲:松浦雅也、編曲:松浦雅也 フェアライトを使用したというシンセの音が特徴的。黒電話の呼び出し音のような金属的な、それでいて柔らかい音色にLFOのような効果をかけ、更に…

新田一郎「SAGA」

新田一郎「SAGA」(1985年/ラジオシティ) 作曲:新田一郎、編曲:新田一郎 トランペットがメインの曲で、強烈なテーマ部分がまず耳に残るのだが、同じくらい主張しているのが、長くそして重いスネアである。アタックからディケイまで文句の付け所がないが…

永田真代「Bad Boy」 

永田真代「Bad Boy」(1990年/FORLIFE) 作詞:許瑛子、作曲:関根安里、編曲:大村雅朗 この曲はエレクトロ・ファンクではなく、いわゆるニュージャックスイングであるため、厳密に言うと本ブログの取り扱い対象ではないのかもしれないが、リズムの打ち方…

仲村知夏「Blacklist」

仲村知夏「Blacklist」(1998年/レーベル追記予定) 作詞:田中俊、作曲:杉山洋介、編曲:追記予定 どちらかというとロック/ポップス色の印象が強いアーティストであるが、本曲のようにしっかりビートが入った作品も少なくない。連打されるキックと、同じ…

村上ユカ「ブランコ」

村上ユカ「ブランコ」(1998年/THINK SYNC RECORDS) 作詞:村上ユカ、作曲:村上ユカ、編曲:田尻光隆・村上ユカ 当時流行っていたブレイクビーツ調のポップスの流れからこういったリズムになったと思われるのだが、非常に丁寧な打ち込みを行っており、オ…

広瀬翔「ホワッツ・ユー~WHAT'S YOU~ 」

広瀬翔「ホワッツ・ユー~WHAT'S YOU~ 」(1986年/Victor) 作詞:松本一起、作曲:小森田実、編曲:鷲巣詩郎 アニメ「トランスフォーマー2010」のEDテーマ。和・エレクトロとしてはあまりにポイントを押さえた楽曲であることから、色々と分かった方が2010…

JULLAN「ELECTROMANCE」

JULLAN「ELECTROMANCE」(1985年/サウンドデザイン) 作詞、作曲、編曲:JULLAN マシンビートがとにかく心地よいが、その中でもキックとスネアが際立っている。音自体のタイトさも良いが、適度にズレたタイミングも出色の出来。ここに控えめなシンセとエフ…

岡本舞子「ファッシネイション」

岡本舞子「ファッシネイション」(1986年/Victor) 作詞:松井五郎、作曲:山川恵津子、編曲:山川恵津子 なにかのパラメーターが過剰なベース音、ピッチが外れているような、ぎりぎり合っているような緊張感があり、ボーカルそっちのけでベースにばかり耳…

井上陽水「愛されてばかりいると」

井上陽水「愛されてばかりいると」(1982年/フォーライフ) 作詞:井上陽水、作曲:井上陽水、編曲:川島裕二 タメのあるキックに強烈なアナログベース。トラックだけなら2000年ころのGigolo Recordsから出ても不自然ではないレベル。発売から40年近く経つ…

戸川京子「責任とってよ」

戸川京子「責任とってよ」(CBSソニー/1986年) 作詞:泉麻人、作曲:伊藤銀次、編曲:伊藤銀次 キックとスネアはなんの変哲もない音で、打ち込みも比較的淡々としている。ドキッとするのは動き回るベースと、冒頭のボイスサンプルのせいか。歌が入ってから…

木村由姫「Summer Rain」

木村由姫「Summer Rain」(1998年/パイオニアLDC) 作詞:麻倉真琴、作曲:浅倉大介、編曲:浅倉大介 ドアラが踊る「LOVE & JOY」の動画で有名(?)な木村由姫氏によるデビューシングル。浅倉大介氏が小室哲哉氏を100%リスペクトして作ったと思われる作品…

F.O.E「DECLINE OF THE CITY」

F.O.E「DECLINE OF THE CITY」(1986年/テイチク) 作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣 厚いシンセリフにノックの効いたベース兼リズムパートのような音、スネアのデュレーションも完璧で、気持ちよくリズムに乗れる。テンポが遅いのに没頭してしまうような雰…

てつ100%「グシャグシャ恋ROAD」

てつ100%「グシャグシャ恋ROAD」(1988年/CBSソニー) 作曲:上綱克彦、作詩:サエキけんぞう、編曲:中村哲 ファンク系のエレクトロ歌謡というか、完全にファンクなのだが、何故かエレクトロ系の曲とつなぎたくなる。そしてうまくつながると盛り上がるので…

Hip Up「肉感アルバイトニュース」

Hip Up「肉感アルバイトニュース」(1982年/Kitty) 作詞:バディー堀井、作曲:スティービー和田、編曲:和井絵夢男 ダブっぽさを感じさせるボーカルに、転んだリズムで鳴るベース。ここにチープなスネアが交じる。シーケンスフレーズと相まってなんとも言…

谷村有美「頑張れブロークンハート」

谷村有美「頑張れブロークンハート」(1989年/ソニー・ミュージック) 作詞:戸沢暢美、作曲:西脇辰弥、編曲:西脇辰弥 タイミング・サウンド共に自信満々、100点満点でお勧めできるスネアである。アタックが強く、上から下の帯域までぎゅっと音が詰まって…

Pazz「Womanh」

Pazz「Woman」(1987年/CBSソニー) 作詞:岩田雅之、作曲:岩田雅之、編曲:岩田雅之 ベロシティの効いたシーケンスフレーズにBPMに合わせたリバーブ。お手本のようなプログラミングで、この一つだけで十分なグルーブ感がある。淡々としたベースが落ち着い…

磯部恭子「不純?」

磯部恭子「不純?」(1989年/ポニーキャニオン) 作詞:岩室先子、作曲:羽田一郎、編曲:羽田一郎 全体的に歌謡曲風味というか最近の文脈でいうと和ブギーの範疇に含まれると思われるが、本ブログで紹介したのはDX-7Ⅱのベースがキラリと光る名曲であるのが…

PSY・S「From The Planet With Love」

PSY・S「From The Planet With Love」(1985年/CBSソニー) 作詞:安則まみ、作曲:松浦雅也、編曲:松浦雅也 PSY・Sには名曲が多数あり悩んだが、1stアルバムからこの曲にした。なお、前身のバンド版やその後に発表された編曲版などがあるのだが、本ブログ…

ハイ・ファイ・セット「Ceramic Smile」

ハイ・ファイ・セット「Ceramic Smile」(1987年/CBSソニー) 作詞:小泉 亮、作曲:山本俊彦、編曲:新川 博 リズム、ベース、ブラス、ギターのカッティング…全ての音にエッジが効いている。リズムがシンプルな部分ではベースとボーカルが動きまわり、一方で…

Especia「No1 Sweeper」

Especia「No1 Sweeper」(2014年/つばさレコーズ) 作詞:mirco、作曲:Schtein&Longer、編曲:Schtein&Longer Especiaを初めて聞いたときの感想は「Gwinko+少女隊÷2」であった。メロディはアイドル系の歌謡曲に近いが、素晴らしいリミキサーの方々に恵ま…

小室哲哉「Kimono Beat」

小室哲哉「Kimono Beat」(1992年/Epic Sony) 作詞:松本隆、作曲:小室哲哉、編曲:小室哲哉 メロディを重視しているからと思われるが、リズムパートは全体的に軽めでそこまで目立たない。しかし打ち込みはしっかりとされており、音色は心地よい。特にス…

CoCo「春・ミルキーウェイ」

CoCo「春・ミルキーウェイ」(1990年/PONYCANYON) 作詞:吉澤久美子、作曲:小室哲哉、編曲:西脇辰弥 切なげなシンセ・リフ。限界まで音を削ぎ落としたスネア。リズムなのかシンセなのか判然としないシーケンスフレーズ。これだけでグルーブ感は十分なの…

【番外編】DJミキサー「Vestax DSM310 pro」

いつも本ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。 おかげさまで100記事を突破しました。思いがけずご覧いただいている方が多く、励みになっています。今後とも宜しくお願い申し上げます。 さて、今回は曲の紹介から離れ、DJミキサーを紹介したいと思…

上野洋子「MORNING TIME」

上野洋子「MORNING TIME」(1991年/EMI) 作詞:谷山浩子、作曲:谷山浩子 メルヘンチックなオケと透明感のあるボーカルにかぶせるように緊張感のあるエレクトロ・ビートが入る。BPMが早い曲の場合スネアをタメるとかえってスピード感を削いでしまうことが…

生福「酸素でルルル」

生福「酸素でルルル」(1988年/CBSソニー) 作詞:生福/深井真里、作曲:生福 3拍目のベースが少し遅れ気味になる絶妙な打ち込みや、サビ部分でスネアが二重っぽく(?)なる部分、更にうまいこと混ざっているギロなど聞き所が多い。ボーカルとの絡みではA…

早瀬優香子「水曜日までに死にたいの」

早瀬優香子「水曜日までに死にたいの」(1986年/Sixty Record) 作詞:秋元康、作曲:原田真二、編曲:西平彰 DXベースとタイト目のスネアだけでグルーブ感は十分。トラックはかなり少な目で入ってくる上モノはすべて控えめだがそこがいい。ハイハットが不…

Super Eccentric Theater「Beat The Rap」

Super Eccentric Theater「Beat The Rap」(1984年/アルファ) 作詞:高橋幸宏、ピーター・バラカン、SET、作曲:高橋幸宏、編曲:高橋幸宏 キックの音は一般的、スネアはクラップと同時打ち、左右に振れるクローズハイハットが時代を感じる・・・とリズム…

高見知佳 「怒涛の恋愛」

高見知佳 「怒涛の恋愛」(1985年/日本コロムビア) 作詞:戸川純、作曲:矢野顕子、編曲:戸田誠司 この曲は4つ打ちである上にかなり歌謡曲寄りのメロディで(特にBメロ前半)、更には音色も生っぽく、本来は対象外の作品のはずであった。しかし、マシンガ…

ORESAMA「銀河」

ORESAMA「銀河」(2018年/ランティス) 作詞:ぽん、 作曲:小島英也 重めのキックとは対象的な、まるで空き缶を叩いたようなスネアが意外にも楽曲にマッチする。スネアと合わせて鳴っている指をスナップしたような音は、長→短の順で打ち込んであり、リズム…

E☆Traps「EIYO!」

E☆Traps「EIYO!」(2007年/ユニバーサルミュージック) 作詞:HINA&E☆TRAPS、作曲:E おそらくサンプリングではなくオリジナルの打ち込と思うのだが、スネアのタメが十分に効いたリズムが印象的。この手の曲はハイハットがクドくなってしまう傾向が強いが、…